« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »

桃のコンポート

今まで、普通に生でいただきものやらを、食べてたわけですが、思い切って食べ残したものとかを、ちょいと煮てみたら、シロップはきれいな桃色で、桃も長く楽しめて、こりゃいいわ、と、2回ほど自腹きって、煮てみました。

おそらく確定レシピ。来年も桃が出たら煮たい。

材料 桃4個 水400cc 砂糖150~200g レモン汁50~70cc

★甘い桃なら150gで、甘くなくても200gだとちょっと甘いんですが、保存しておきたい場合は200gで。ワインとかいれてもおいしいとおもいます。レモン汁は、途中で味見て、酸味がほしい場合は、足すといいです。

作り方

1・なべにお湯を沸かし、桃を皮のままいれて軽く湯通しすると、皮がつるんとむけます。種に沿って包丁をいれて、くし型にきりながら、おなべに切った桃をいれます。こちらのやりかたでやると、きれいに半分に割れて切りやすくなりますね。http://cookpad.com/mykitchen/recipe/410017/

2・桃を入れたおなべに、水・砂糖・レモン汁をいれて、火にかけます。焦げ付きやすいので、そこからかきまぜながら、弱火~中火で、沸騰してから10分くらい煮ます。

★種がきれいな赤の場合は、一緒に煮ると、きれいな赤い色が出ます。煮あがった時に種は取り除きます。

3・保存容器にシロップごといれ、荒熱がとれたら、一晩味が染みるまで冷蔵庫にいれておきます。残ったシロップは別にびんにとっておくとゼリーに使えます。

★そのままや、ヨーグルトにいれたり、色々楽しめます。タルトやケーキもきっとうまうま。

応用として桃のゼリー。きれいな桃色のシロップができあがったら、ぜひつくりましょ。

材料・桃のシロップ+水 あわせて600cc 桃のコンポート適量 ゼライス2袋 水100cc(ゼラチン10gで可)

1・パイレックスなどレンジにかけられるボウルに、水100ccをいれ、ゼライスを振り入れて、5分ほどふやかします。

3・桃のシロップ100ccを1のボウルにいれ、電子レンジで1分かけ、ゼライスを溶かします。解けなかったら、もう30秒~1分くらいかけてください。とけたら、残りのシロップをいれ、味を見て、足りなかったら、はちみつやレモン汁を足して、型に入れて、冷蔵庫で冷やします。

★タッパとかでもいいし・ゼリー型でもいいし。

4・固まったら、器にもり、桃のコンポートを添えて出します。ヨーグルトをかけてもおいしいですよ。

さらに応用

すでに桃が盛りが過ぎて、茶色っぽくって、色がきれいじゃない場合でも、コンポートにするとおいしいのですが、こんな応用もおすすめ。好みのジャムと混ぜてみましょう。

桃とルバーブのジャム 桃とイチゴのジャムなど、ジャムはてづくりでも市販でも。

桃のコンポートをきざむかフードプロセッサーにかるくかけ、同量のルバーブやイチゴなどのジャムをまぜ、鍋にいれてなじむまで、混ぜながら煮ます。ルバーブと桃の組み合わせは、個人的にお勧め。本当にこれはおいしい。同量じゃなくてもちょっとだけ余ったジャムでも、おいしいと思います。ルバーブも桃もきれいな紅色桃色が出たものだと、色も美しいのですが、色が茶褐色でも味はいいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »