« ひつまぶし風うな丼と冷麺応用でごめんなさい | トップページ | 便利な下準備 »

チャングム風豆腐鍋♪

チャングムが「味を描き出す才能」をいかんなく発揮した、豆腐鍋を作ってみました。とりあえずめもめも

ポイント的には、スープは豚でも鶏でも牛でもいいから、自分でとること。具は何でもいいんですが、必ず一度下ゆですることですね。

材料 豆腐1丁~2丁 ひき肉200g セリか三つ葉、ネギ一本 白菜4分の1株 人参一本 大根4分の1本くらい。後はきのことか白滝とか好みの具を。

味付けとして、ネギの青いところのみじん切りにごま油をかけたネギ油、しょうゆ、砂糖、塩を用意しておきます。片栗粉も用意してください。

スープとるのに、作業に入る前に、豚肉の薄切り適量(他の肉でもよし)ネギの青いところ、ニンニク2片、生姜の薄切り2枚くらいを、鍋に水を入れてことことと1時間~2時間くらい、他の作業しながらにこんでおきます。

1・豆腐をレンジにかけるなりして水きりしておきます。

2・大根と人参は拍子切り。白菜はざく切り。他の材料も食べやすくきっておき、全て、ごま油をいれた湯で、下ゆでします。野菜を下ゆでした後の湯で汁も、煮込んでいるスープが減ったらたしていくので、残しておきます。下ゆでの御湯は1回1回変えなくても、大根とにんじん>白菜といった風に順番にゆでていって、おっけい。

3・ボールに、しょうゆ茶さじ2~3、砂糖茶さじ半分 ネギ油茶さじ2くらいをいれ、味を見ながら調節します。しょうゆのとがった塩辛さがないくらいの味付けで。砂糖はかくし味程度。そこへ、ひき肉をいれ、更に片栗粉を茶さじ2ほどいれて、粘りが出るまで良く混ぜておきます。

4・豆腐を4分割~3分割くらいに切り、さらに縦に半分に切って、厚みを四等分くらいに切る(3~4センチ角、暑さ5mmくらいの大きさ)そして、ペーパーナプキンなどで、水気を拭いて、両面に片栗粉をまぶして、油で焼きます。

5・豆腐の荒熱がとれたら、ひき肉を挟み、ゆでた三つ葉やセリでしばります。

6・残ったひき肉は丸めて肉だんごにして、スープでゆでておきます。

具の準備ができたら、スープを味付けして、具を煮て行きます。

7・スープを温め、しょうゆと塩、かくし味に砂糖少々をいれて、普通に飲むスープよりも、もう少し濃いくらいに調節します。

8・大根と人参をいれて、煮立て、そこへ、白菜、肉を挟んだ豆腐。肉だんごをいれて、豆腐の肉に火がとおり、野菜に火が通るまで煮ます。

鍋ごと食卓にだし、好みでこしょうなどを振っていただきます。

ポイントさえおさえておけば、大抵のものはいれられるはずです。本当に美味しかった。きっと、ラーメンを入れたりしても合います。食卓でぐつぐつにてもいいですね。

|

« ひつまぶし風うな丼と冷麺応用でごめんなさい | トップページ | 便利な下準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64677/5311382

この記事へのトラックバック一覧です: チャングム風豆腐鍋♪:

« ひつまぶし風うな丼と冷麺応用でごめんなさい | トップページ | 便利な下準備 »